▶学会の歩み

2002年

1月
地震防災シンポジウム「⼤震災から都市を守るー阪神 ・淡路⼤震災の教訓を活かして」(1/29)東京国際フォーラムレセプションホール
4月
全理事・監事再任(任期2005年4月まで)
5月
緊急シンポジウム「東海地震と災害情報?地震防災対策強化地域の見直しを受けて」
(5/25)名古屋国際センタービル
7月
防災フォーラムinながさき「⻑崎⼤⽔害から20年?その教訓を活かして」(7/19.20
9月
学会誌編集委員会発足
 委員⻑:吉井博明東京経済大学教
10月
会員名簿発
11月
第4回学会大会(11/6.7)東京⼤学⼭上会館 発表27件

2001年

6月
企画委員会、広報委員会、ホームページ⼩委員会発⾜
企画委員⻑︓陶野郁雄国⽴環境研究所所⻑
広報委員⻑︓⼤⻄勝也NHK放送⽂化研究所主任研究員
HP⼩委員⻑︓⼲川剛史⼤妻⼥⼦⼤学助教授
7月
リニューアル・ニュースレター6号発行(以降、季刊)
学会ホームページ運用開始
11月
第3回学会大会(11/1-2)関⻄⼤学100周年記念会館 研究発表25件
シンポジウム「南海地震に備えて」(11/2) 関⻄⼤学100周年記念会館

2000年

4月
ニュースレター号外「特集・有珠⼭噴⽕」
9月
東京⽀部を開設(建設技術研究所内)
10月
ロングシンポジウム2000「有珠⼭、三宅島、神津島の活動と災害情報-災害の現状と今後の対策」(10/10)東京・大手町経団連ホール
11月
第1回学会⼤会(11/30,12/1)⼤宮ソニックシティ 研究発表23件

1999年

4月
⽇本災害情報学会発⾜(4/24)
東京 ・千代⽥区の東条会館で設⽴総会。
会⻑に廣井脩(東京⼤学社会情報研究所⻑・教授)、副会⻑に伊藤和明(元NHK解説委員・⽂教⼤学教授)、河⽥恵昭(京都⼤学防災研究所巨⼤災害センター⻑)の各⽒を選出。
学会事務局を静岡総合研究機構防災情報研究所内に置く。
7月
ニュースレター創刊
10月
第1回学会⼤会(10/15)東北⼤学⻘葉記念会館 研究発表33件
会員249名(正会員228、学⽣会員5、購読会員2、賛助会員14)















当サイトのPDF書類をご覧いただくには『AdobeReader』が必要です。PDFを読み込むためには、下記リンクよりAdobeReaderをダウンロードして下さい。

get_adobe_reader.gifget_adobe_reader.gif