TOPICS

第25回学会大会 実行委員長挨拶

 このたび日本災害情報学会第25回学会大会を日本大学危機管理学部三軒茶屋キャンパスで開催することができますことを心より感謝申し上げます。新型コロナウイルスが感染拡大して学会大会がオンライン化して以来、久しぶりの対面型だけの学会開催となります。新型コロナ感染症を乗り越えて、対面だけの学会開催を実現できたことを学会関係者の皆様に御礼申し上げます。
 開催校をお引き受けした日本大学危機管理学部は2016年に開設された文系ではじめての危機管理学部であり、学位(危機管理学)を持つ唯一の学部です。来年令和5年4月には大学院危機管理学研究科を開設し、研究者の育成も本格的に始まります。オールハザード・アプローチを目指す危機管理学部のカリキュラムにある災害マネジメント領域、パブリックセキュリティ領域、グローバルセキュリティ領域、情報セキュリティ領域の中でも、災害対策の研究教育は危機管理学の柱となります。自然災害対策や大規模事故対策などについても研究教育するこの危機管理学部のキャンパスで、日本災害情報学会大会をお迎えできることは大変大きな喜びであります。数多くの研究発表の申し込みとともに、有意義なシンポジウムが開催できますことを御礼申し上げます。
 2日目のシンポジウムでは、「オールハザード・アプローチからみた危機管理と防災」をテーマに、自然災害対策や大規模事故対策だけでなく、新型コロナのような感染症対策、テロやミサイルなどの国民保護事案、ロシア・ウクライナ戦争のような戦争紛争をめぐる安全保障などあらゆる危機に対応できるオールハザード・アプローチによる危機管理学と防災研究、災害情報学との関係について議論します。テロや戦争の観点から宮坂直史氏(防衛大学校)、新型コロナなど感染症対策の観点から齋藤智也氏(国立感染症研究所)、危機管理学の観点から私こと福田(日本大学)がパネリストとして報告し、防災研究、災害情報学の観点から関谷直也氏(東京大学)が討論します。ふるってご参加ください。
 新型コロナ感染拡大中の開催ですが、感染予防を万全にして安全な環境で学会開催に努めたいと思います。皆様にとりまして有意義な学会大会となりますよう、二日間何卒よろしくお願い申し上げます。

令和4年10月1日
日本災害情報学会大会実行委員会 委員長
日本大学危機管理学部
福田 充

第25回学会大会チケット販売開始

第25回学会大会の参加チケットの販売を開始します。
参加希望の方はチケット購入サイトにアクセスしてチケットを購入してください。
  チケット購入サイト
詳しい購入方法はstores購入方法をご覧ください。

第25回学会大会プログラム決定 

第25回学会大会プログラムが決定しました。両日とも対面式での開催を予定しておりますが、状況に応じてハイブリッド形式への変更の可能性は排除しません。
会場は日本大学三軒茶屋キャンパス1号館3階となります。参加手続きを済ませ、感染対策を実施の上、ぜひ現地にお越し下さい。
プログラムは学会大会のページをご覧ください。

学会誌「災害情報」20号を刊行しました 

学会誌「災害情報」20号を刊行しました。
9月15日から一般販売を始めますので、ご希望の方は学会事務局までお申し込みください。
学会誌「災害情報」のページへ

2022年度廣井賞受賞者決定

2022年度廣井賞の受賞者が決定しましたのでお知らせします。
学術的功績分野
・中村 功 氏  (東洋大学社会学部メディアコミュニケーション学科 教授)
・近藤 誠司 氏 (関西大学社会安全学部 教授)

2022年度廣井賞表彰式、記念講演会は、10月8日~9日開催の学会大会内で行います。
詳細は決定次第お知らせします。

学会誌:災害情報20号-2を公開しました。 

学会誌の原稿フォーマット、投稿規定の一部を修正しました。 

学会誌「災害情報」の原稿ボーマット、投稿規定の一部を修正しました。今後投稿される方は必ず確認してください。
学会誌のページ

24回学会大会予稿集を販売しています

2022年3月19日-20日に開催しました第24回学会大会・研究発表の予稿集を販売します。
ご希望の方は大会予稿集のページを確認の上、メールまたはFAXにてお申し込みください。
過去の大会分も購入できます。

23回学会大会予稿集を販売しています

2021年11月27日に開催しました第23回学会大会・研究発表の予稿集を販売します。
ご希望の方は大会予稿集のページを確認の上、メールまたはFAXにてお申し込みください。
過去の大会分も購入できます。

学会誌編集委員会から学会誌への論文投稿締切時期についてお知らせします。
2022年度学会誌の第2回論文投稿締切は12月15日です。今回締切分は、2024年1月後半頃に先行オンライン公開をする見込みです。
詳細および投稿方法:論文募集のページ
・原稿フォーマットについて、変更があります。
 新しい原稿フォーマットに基づいて、論文を作成してください。
原稿フォーマット

・オンライン論文投稿・査読システムから投稿していただきます。
オンライン論文投稿システム

・オンラインマニュアルはこちらをご覧ください。
オンライン投稿マニュアル

学会誌「災害情報」のページへLinkIcon



















当サイトのPDF書類をご覧いただくには『AdobeReader』が必要です。PDFを読み込むためには、下記リンクよりAdobeReaderをダウンロードして下さい。