TOPICS

第23回学会大会 プログラム決定

学会大会委員会よりお知らせします。

2021年度 日本災害情報学会 オンライン学会大会について

日本災害情報学会・学会大会委員会


 今年度の大会では、従来の口頭発表に準ずる「プレゼンテーション・セッション」と、従来のポスター発表に準ずる「ディスカッション・セッション」の2つの発表形式を用意しております。「プレゼンテーション・セッション」は発表時間10分・質疑応答時間5分という形式に対し、「ディスカッション・セッション」では発表時間5分・質疑応答時間10分としております。「ディスカッション・セッション」のこのような時間配分は、発表者を中心として研究に関する濃密な議論を交わすポスター発表の特性を、オンライン発表のなかで引き継ごうとするものです。
 大会委員会としては、「ディスカッション・セッション」では発表の完成度もさることながら、大会参加者の議論が盛り上がることをより強く歓迎します。そのためにセッションのなかで、発表者側から「このような意見が聞きたい」といった提案を発表の最後に記載いただくなどの議論を喚起する工夫を行うこと、それに対して、出来るだけ多くの聴講者から発表に対する意見が上がることなど、発表者・聴講者双方が議論へと積極的に参加することを期待します。
 なお、オンラインでの口頭発表については、大会委員会委員が各セッションに待機するとともに、専門のサポート・スタッフを用意しております。画面共有や音声の不具合など技術的サポートが必要になった場合は適宜、これらのスタッフが対応いたしますので、安心してご参加を頂ければと思います。

プログラムを公開します 第23回学会大会プログラム
参加チケット購入サイト STORES

学会誌「災害情報」19号の販売を開始します。購入希望の方は学会誌「災害情報」のページを確認の上、学会事務局まで申し込んでください。

学会誌の投稿規定、フォーマットが変更になりました

学会誌「災害情報」の投稿規定、フォーマットが一部変更になりました。
投稿の際は 学会誌 のページで確認してください。

22回学会大会予稿集を販売しています

2020年11月28-29日に開催しました第22回学会大会・研究発表の予稿集を販売します。
ご希望の方は大会予稿集のページを確認の上、メールまたはFAXにてお申し込みください。
過去の大会分も購入できます。

「避難に関する提言」を発表しました

「避難に関する提言 新型コロナウイルス感染リスクのある今、あらためて災害時の『避難』を考えましょう」を公表します。

新型コロナウイルスの感染症に関する緊急事態宣言が発表される中、出水期が近づいております。
各方面で災害時の避難と感染防止についての議論がなされておりますが、企画委員会ではこれらを踏まえ、避難は災害時の難を避けるものという原点に立ち返り、新型コロナウイルスの感染リスクを避けることを念頭におきながら、あらためて災害時の避難のポイントを確認するための提言をまとめました。
多くの方の参考となれば幸いです。

*なお、本提言につきましては、できるだけ多くの人に読んでもらう観点から、転載は自由といたします。

LinkIcon避難に関する提言

「避難に関する提言」を発表しました

学会誌編集委員会から学会誌への論文投稿締切時期についてお知らせします。
2021年度学会誌の第1回論文投稿締切は6月30日です。今回締切分は、2022年1月後半頃に先行オンライン公開をする見込みです。
詳細および投稿方法:論文募集のページ
・原稿フォーマットについて、変更があります。
 新しい原稿フォーマットに基づいて、論文を作成してください。
原稿フォーマット

・オンライン論文投稿・査読システムから投稿していただきます。
オンライン論文投稿システム

・オンラインマニュアルはこちらをご覧ください。
オンライン投稿マニュアル

学会誌「災害情報」のページへLinkIcon




災害調査団の報告書を公開しています。

 ・平成29年北九州北部豪雨調査団、平成30年西日本豪雨調査団の報告書を公開しました。
 ダウンロードは災害調査・研究のページをご覧ください。

災害関連シンポジウム・講演会等のご案内
 日本災害情報学会以外の団体が主催する災害関連のシンポジウム、講演会等のご案内です。
















当サイトのPDF書類をご覧いただくには『AdobeReader』が必要です。PDFを読み込むためには、下記リンクよりAdobeReaderをダウンロードして下さい。