TOPICS

【訃報】 阿部 勝征 日本災害情報学会第2代会長死去

阿部 勝征 日本災害情報学会 第2代会長が亡くなりました。

 阿部元会長は日本を代表する地震と津波の研究者であるとともに、防災や災害情報の発展にも寄与されました。日本災害情報学会の活動には学会の発足当初から参加され、廣井脩初代会長から2代目の会長を引き継がれ、平成17年4月から平成21年10月まで会長をつとめました。そして大学やシンクタンクなどの研究者、行政、メディア、ライフラインなどの企業関係者が広く参加する、他に例をみない日本災害情報学会の今日にいたる発展の礎を築かれました。
 科学を防災に役立てることが重要だとして、気象庁の緊急地震速報の実用化に向けて防災や情報伝達の仕組み作りに尽力され、平成19年10月1日に実用化が始まった際には「感無量だ」と挨拶されました。また国内や海外で大きな地震が発生したときには、深夜や明け方をとわず、いつでもメディアからの取材に応じ、地震のメカニズムや被害の推定、防災上の注意点などをわかりやすく解説して防災に貢献されました。
 こうした科学を防災に生かす阿部元会長の姿勢を受け継ぐため、日本災害情報学会では平成26年に「阿部賞」を創設し、毎年、若手の研究者に授与しています。
 阿部元会長は2年前に肺がんと診断され手術をし、体調は一時回復していましたが、その後がんが脳に転移していたことがわかり、闘病生活をおくっていましたが、平成28年9月9日の未明にご家族に看取られながら亡くなりました。72歳でした。通夜、告別式は故人とご遺族の意向により、近親者のみで執り行われました。
 阿部元会長の功績を偲び、謹んでご冥福をお祈りします。

             平成28年9月16日
                     日本災害情報学会

第18回学会大会のご案内

第18回学会大会の開催日と会場が決定しましたのでお知らせします。
・開 催 日 10月22日(土)、23日(日)
・開催場所 日本大学文理学部キャンパス(東京都世田谷区桜上水3-25-40)

研究発表の募集や詳細な情報は、随時お知らせします。
皆様の参加を心よりお待ちしております。

※出欠連絡、投稿規定など詳細情報は学会大会のページ

学会の投稿締切が年2回になりました。

学会誌第15号への第1回投稿締切は終了しました。
次回は12月締切の予定です。
今年度より、査読の時期を2回とします。第一回が6月末締切(9月末日掲載決定)、第二回が12月末締切(3月末日掲載決定)の年2回になります。印刷物の発行は、従来通り年1回のみ(今年度より6月発行)ですが、オンラインでの公開(オンラインフォースト)などにも対応していきます。皆様からの投稿をお待ちしております。
学会誌「災害情報」のページへLinkIcon


ニュースレター№64(2016年01月号)をアップしました

ニュースレターのページへLinkIcon

写真で見る第17回学会大会

2015年10月24日、25日に開催しました第17回学会大会の様子をまとめた「写真で見る学会大会」をアップします。
どうぞご覧ください。

icon_pushpin02_50.png写真で見る学会大会

第17回 学会大会予稿集販売中

   第17回学会大会2015年10月24日~25日・山梨県甲府市)予稿集を販売ししています。
   ご希望の方はメールまたはFAXにてお申し込みください。

詳しくは大会予稿集のページへ


学会誌「災害情報」No.13号発行、特集は「火山防災と情報」

災害関連シンポジウム・講演会等のご案内

 日本災害情報学会以外の団体が主催する災害関連のシンポジウム、講演会等のご案内です。

公開シンポジウム「未来をつくるアーカイブ:大規模災害情報の利活用に向けて」















当サイトのPDF書類をご覧いただくには『AdobeReader』が必要です。PDFを読み込むためには、下記リンクよりAdobeReaderをダウンロードして下さい。

get_adobe_reader.gifget_adobe_reader.gif